今の空中散布業者のやり方を間違っている!(かも)


専門家の中には、稲にヘリやドローンを使って農薬散布しない方がいい時間帯がある

おっしゃる方がいます。

それは、稲の花が咲いている時間帯。




稲は実り始めると、一日に1、2時間だけ受粉のために花を開きます。

そのタイミングで気流を発生させるヘリやドローンを飛ばしてしまうと、

受粉をじゃましちゃう可能性が高い訳です。


今の業者さんは風が少ない午前中に散布する方が多いと思いまが、

稲お花は基本的に午前中に咲きますので、

知らず知らずのうちに受粉を阻害してる可能性があるわけです…


午前中ならば、日の出から花が咲き始める前まで。

また、気温が高くなると花は閉じるので

午後から散布するのが理想と言う意見もあります。


シーズンにはスケジュールが詰まってしまって理想通りには難しかもしれません。

ですが、専門家のアドバイスを受けながら可能な限りベストの時期・時間に

知識に基づいたドローン農薬散布を目指したいですね!


ドローン農薬散布 skyD兵庫

ドローンを使用し防除作業を代行します。 稲・麦・野菜へ農薬・肥料・除草剤を空中散布します。 大切な作物への害虫や病の被害を防ぎます。